ディフューザーの香り

癒しのアロマ

アロマを本格的に楽しめるディフューザー

アロマオイルには多くの楽しみ方があります。
ハンカチやコットンに染み込ませたり、お風呂に入れるなど様々なものがありますが、ディフューザーを使ってみると、精油の香りを効果的に部屋中に拡散させることができます。
ハンカチなどに染み込ませる方法だと、染み込ませたものが近くにないとあまり香りません。
お風呂に入れる方法だと、お風呂に入っている問にしか香りを楽しめないというデメリットがあります。
ディフューザーはアロマオイルをたらし電源を入れると、精油がミスト状になり、拡散されます。
アロマポットなどのように熱を加えないため、精油本来の香りが楽しめる方法です。
また香りが拡散させる力が強いため、香りをしっかり楽しみたい人向けの商品です。
しかし、水で薄めたりしないため、オイルの消費が激しいとも言われています。
ディフューザーにもいろいろなデザインや価格帯があるため、自分の部屋のインテリアを考えて購入するのも良いでしょう。

アロマディフューザーで香りを広げる

ストレス社会の影響により、癒しを求める人が増えています。
それに伴い様々なリラクゼーションアイテムが話題になっており、アロマテラピーなど海外からも癒しのアイテムが受け入れられています。
アロマテラピーは植物や果物などの芳香成分を抽出して、その香りによって脳に働きかけ、リラックスを促すという方法で、長きに亘って親しまれているアイテムのひとつです。
たくさんの香りがあって好きなものを気分によって選べるというのも魅力のひとつです。
また、使い方も多種多様で、ライフスタイルに合わせて選ぶ事が出来ます。
火であぶって香りを拡散させる方法もあればディフューザーを使ってさらに広い範囲に拡散させるという方法もあります。
自分の居る一部の空間だけであれば火であぶるという方法で良いですが、部屋全体を好きな香りで満たしたいというのであればディフューザーを活用するのがよいでしょう。
最近ではお店や病院など、多くの人が集まる場でも活用されています。

recommend

QRコードを使った広告
http://sol.panasonic.biz/cloud/lightid/overview.html

2017/4/11 更新