アロマオイルの効果・効能

癒しのアロマ

アロマオイルの使い方には注意が必要

香りを楽しむだけではなく、マッサージオイルなどに混ぜて使うことができるのがアロマオイルのメリットです。
しかし、マッサージ用のオイルを選ぶ際に気を付けなければいけないことがあります。
精油の中には直射日光に当たることで皮膚にダメージを与えてしまう光毒性のあるものや、妊婦さんは使ってはいけないものも存在します。
レモンやグレープフルーツなどの柑橘系のものには光毒性があると言われていて、皮膚にシミを作ったり、損傷を与えてしまう可能性があります。
ラベンダーやペパーミント、ローズなど、妊婦さんが使ってはいけないと言われている精油は20種類程度あります。
ホルモンバランスに作用したり、刺激が強すぎるものになります。
使い方をしっかりと学べば、アロマの香りやアロマを利用したマッサージは心身を健康に保ってくれる強い味方となります。
購入の際に「この状況でも使っても大丈夫なのか」をしっかりと自分で確認することも重要になります。

アロマオイルはそれぞれ効果効能があります

アロマオイルには200〜300種類あり、それぞれに効果や効能があります。
日本ではアロマオイルと呼ばれている精油は、植物の花や葉、果皮、種子、樹皮、樹脂などが抽出した100%天然の香りのある揮発性のある芳香物質です。
精油の成分は香りを放つことで心身への薬理的な作用をもたらす効果が期待できます。
精油といっても油ではありません。
水よりも軽く、水に溶けにくく、脂溶性なので油に溶ける性質があり、水に入れると油のように浮くため精油という名前がついたと考えられます。
精油の特徴は、芳香性、揮発性、脂溶性です。
保存料などは一切含まれておらず光や熱、酸素などに触れると成分が変化し劣化していきます。
アロマオイルには、心や体、肌などで悩みがある場合に使用することで改善することが期待できます。
安眠や不眠の場合にはラベンダーやオレンジスイート、集中力を上げるにはペパーミント、やる気を出したい場合には柑橘系のグレープフルーツやベルガモット、喉の痛みの風邪にはサンダルウッドなどが効果的です。

おすすめWEBサイト 5選

エコキュートを愛知で利用

最終更新日:2017/7/27