アロマテラピーの活用

癒しのアロマ

アロマテラピーを生活に取り入れる

アロマテラピーは植物の精油を用いて行うヨーロッパに古くから伝わる植物療法ですが、現在は日本でもナチュラルな健康法として浸透しつつあり、セラピストとして精油の知識を駆使して活躍するなど資格試験を受けて仕事としている方も多くいらっしゃいます。
植物から様々な方法で抽出された精油は植物ごとにさまざまな効能があり、心を元気にリフレッシュしてくれたり、リラックスさせてくれたり、血液の循環をよくしたり、むくみを取るなどの働きをするので、精油の知識を持っておくことで、生活に役立てることができます。
最も手軽にアロマの力を取り入れることができるのが芳香浴です。
ディフューザーなどに精油をたらし、超音波の力で室内に精油を拡散させることで芳香が部屋中に広がり、精油の効能を鼻腔から取り入れることができます。
活力を得たい時はローズマリーやレモンのエッセンシャルオイルを、リラックスしたい時はラベンダーやスイートオレンジのエッセンシャルオイルを使うなど、精油ごとの効能を使い分けて取り入れることをおすすめします。

アロマテラピーの活用方法

ストレス社会の流れから日常生活における癒しを求める人が増えています。
それに伴ってリラクゼーションサロンなども人気が高まっており、男女問わず通う人が増えていますし、自宅で出来るリフレッシュの方法も次々と生み出されています。
リフレッシュの方法は感じ方もあるので人それぞれですが、きちんとした根拠を持ったリフレッシュ法としてはアロマテラピーが人気です。
植物や果実などから抽出したエッセンシャルオイルを炙ったり蒸気で拡散させたりしながら香りを楽しむアイテムですが、このような天然の香りを嗅ぐ事で嗅覚から脳に伝達され、気分をスッキリさせてくれます。
マッサージオイルに入れると皮膚から内部に浸透して血流を活発化させる効果も期待出来ます。
さらにアロマには様々な香りのパターンがあり、リフレッシュしたい時に適当なもの、気分を高揚させたい時に適当なもの、などというように用途やシチュエーションに合わせて変化させられるのも魅力です。

2017/7/27 更新